大谷令文と紀(おさむ)

一般的に、看護師として勤務する人は多くが女性ですので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。その他にも、勤務時間が一定でないこと、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚率についても高くなっているようです。たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。職業上、看護師という立場では好んで煙草を吸う人がそれほど多くないという印象を受けますよね。実際にはやはり国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。病気の患者と接する職業上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、意識している人が多い職業であるということが理解できると思います。看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。あれは看護師を志す学生たちが、病院の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。しかし、近頃では少しずつ看護師の制服も変化してきており、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。入院施設のある病院に勤める看護師は、ほぼ確実に夜勤があります。具体的な勤務時間でいうと、その病院が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。また、3交代勤務の場合、休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。就職しようとしている病院がどのような勤務形態なのか前もって知っておいた方が良いでしょう。看護師というものは勤務する時間がイレギュラーであることにプラスしてハードな仕事内容であるということを理由に看護師以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、実をいうと、看護師の資格を持っているといろいろな職種において活用できるというのもよくある話です。いくつか例を挙げるならば、人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、事情があって就職を選んでしばらくOLとして会社に勤めていました。ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職する事も選択肢の一つでしたが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら資格も取れるそうなのです。看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。病院の統廃合続きにより、医師不足や看護師不足への対応が急務となっています。日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて時には急患にも対応しなければならず、多数の看護師は大変な激務の状態にあるということです。男性看護師も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、精神的に疲れてしまったり、行きたいときにトイレに行けない看護師が便秘に悩まされがちというのも納得できる話でしょう。看護師になるための手段として、大学あるいは専門学校があり、看護師を目指す場合、どちらかに入ることとなります。大学の場合のいい面は最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。他方、専門学校に関しては、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。看護師の勤務先は、病院以外にもあります。数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも特に看護師は重宝されているのです。グループホームで生活しているのは、認知症患者の方であるため、そのことを心に留めて介護することが重要です。様々な職場がある中で、介護に関わりたいという看護師は職場としてグループホームを選ぶということも視野に入れてみてください。看護師として患者から信頼してもらうためにも、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておくことが重要です。中でも、女性の看護師は派手なお化粧は控えて、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのが相応しいと思います。ノーメイクとも違いますから、周囲の人が感じる印象も変わりますよ。よくキツイと考えられがちな看護師の仕事。勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。二交代制の病院勤務の一例を挙げると、途中で休憩を挟みはしますが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。長時間勤務がザラだということも看護師が過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。病気になって気落ちしていると笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。ですが、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。多くの覚える事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。そのため、うつ病を患う看護師も意外と多いのです。責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方や趣味がなくストレス発散が苦手というタイプは、注意が必要です。一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても総合病院から地域の診療所まで、規模が随分違います。意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。それぞれの会社で給料が変わるものですが、もちろん、看護師も同様です。町医者と総合病院とでは、どうしても年収にも差が出てきます。これらの事を考慮すると、看護師として働く人の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。一口に看護師と言っても、配属先の科によって、看護技術や処置の方法が変わってくるのです。それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、多くの意見を参考にしながら知識を深められるでしょう。看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、やる気も湧いてきます。看護師の職業は、白衣の天使という呼称があるほど、大体の場合には、職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。ただ、看護師の勤務の実情に着目してみれば、収入面ではそう悪くはないとはいえ、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。肯定的側面を見るだけではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。一般的に、看護師という職業は給料が高いという印象があるのではないでしょうか。現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など大変な面もありますが、収入に面に注目すれば、他の職業より安定的に待遇が良いのが分かっています。景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。高収入で安定した職業という意味においては人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、看護師として役に立ちたいと考えている看護師の方もいると思います。海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、看護師は常に求められているのです。海外で看護師とし働くためには、患者とやりとりをするうえで英語が必要不可欠なのです。海外の機関で看護師として働きたいと思うのであれば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。看護師として働くということは、イコール夜勤の仕事も含んでいるという場合が大半ですから、子持ちの看護師からするとかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。子供が小学校に入るまでならば24時間保育を行っている保育所の利用や託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。そのため、やむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も少なからずいます。ちょっと前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、近年ではだんだん男性が看護師になる割合も高まっています。看護職においては、患者の移動の際やお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、産休や育休がないので、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。昔の看護師といえば、女性が担うものというイメージがありました。ですが、近年は看護師という名前も定着して、男性が働くことも多くなってきました。実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。女性の持つ優しさだけではなく、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力もこれからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、一般的に「シフト勤務」になる業種のもののひとつに、看護師の仕事がありますよね。勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くのでまだ経験が浅ければ、殆どの人がシフト勤務になるはずです。妻の話ですが、看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず困った事を覚えています。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。ですから、どうしても転職率も高い数値になります。ですから、転職サイトによっては看護師のみに対象を絞ったものが多くあります。専用の転職サイトなら、もっと簡単に自分の希望する条件の求人を探せますから、十分な時間を取れない現役の看護師に最適です。最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも合わせて活用すると、さらに便利だと思います。世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されており「ローンを組みたい」という時でも大体の場合、スムーズに審査を通ります。ですが、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合にはそうとは言えないことも多いです。ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは非常勤でなく、正職員として働いているような看護師については言えることなのですが、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。課長職といっても年収も大企業と中小企業で変わることから分かるように、看護師の年収は、病院の規模で全く異なるのです。または、公立と民間、地域によっても差があって、稼ぎの良い公立病院に勤めるケースではおよそ750万円程度だと言われているようです。昨今の看護師不足は医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。理由としては、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため仕事量が増加し仕事に拘束される時間も長くなり、休みを取るのも困難なのです。交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、辞める道を選ぶ人も多いのです。仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、職場での人間関係のストレスや勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。やはり、女性が多い職場ともなると、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも少なくないのです。夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのもひとつの選択として、覚えておきましょう。看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。注意点ですが、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて収入が少なくなることがほぼ確実なのです。将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。看護師というものは普通の仕事とは違うと思われやすいですが、他の仕事と同様に、雇用者から労働者の権利を守る団体が存在しないと状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。看護師がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、雇用する側の人達がしっかりと気を配るということが重要だということは言うまでもありません。看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、なんといってももしも離職している期間があっても、また看護師に戻れるという点です。これはなぜかというと、看護師が専門職であることに加え、現場の人手不足の問題が根拠として挙げられます。転職先も雇用形態も特に希望しなければ状況次第ですでに50代になっていても再び働くことができます。普通、看護師としてキャリアを積んでいくと地位が高くなっていきます。例えば、婦長といったら誰でも知っている役職ですが、そのほかにもいくつかの役職が存在しています。昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も少なくありませんので、国家資格を持った正看護師の立場では役職的には上の立場に立っているという訳です。役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク