ホリケンで林田

引っ越しで、荷物をまとめる際、緊張するのは割れ物の対応です。その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。包み方にもコツがあります。包むものが全て隠れるくらいの大きさに新聞紙を調整し、真ん中に底がくるようにして、一個ずつ包みます。新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくと緩衝効果があります。それから、持ち手のついた食器類などあれば、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。今どきのマンションやアパートでは隣に住んでいる人のことを全く知らなくて済んでいるのが当然と思う人が増えています。そうは言っても、日頃から挨拶を交わし、切羽詰まったときには気軽に助けを求められるくらいの関係は保っていた方が良いでしょう。ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは引っ越したらすぐに、ちょっとした品を携え、お隣に顔見せの挨拶をしましょう。新築の家が完成したのが数年前です。そこへ引っ越したのですが、デスクトップパソコンの移動にはいろいろな手立てを考えました。このとき、3歳になる娘と1歳の息子の写真のデータがパソコンのドライブに全て収まっていました。搬出や搬入の時に衝撃が加わらないようにクッション材はたっぷり使いました。業者さんも本当に丁寧に扱ってくれたのでデータもハードウェアもそのままで運搬され、外側も傷など全くありませんでした。引っ越しの荷造りで大変なものといえば、どの世帯にもある食器は特に面倒です。食器は割れ物が多く、個々に配慮しながら包み、詰めていかないと運んでいる途中で壊れることも考えられます。繊細な薄いガラスでできたグラスが、最近の人気です。そういう食器の場合、内側に丸めた新聞紙を入れてから外側から包み、また、専用の箱があるのでそれに入れるなど、最大限の注意を払って荷造りするようにするとどきどきしながら荷物を開けることはなくなるでしょう。まだ社会に出たばかりの頃に友達と二人で共同生活していました。ペット不可のアパートが圧倒的に多く友達は猫と一緒に暮らしていたため猫を飼える物件を見つけるのが大変でした。不動産屋さんにも何度も問い合わせてようやっとペット可の物件を見つけました。引っ越しも早々にできて私も、友達も、猫も満足できました。自分の所有物件ではなく、賃貸住宅から引っ越すのであれば、原状回復が義務になっていますが、一方で経年劣化は避けられません。入居者が壊したことが明らかとされれば修理費用は入居者持ちとなるわけですが、日焼けなど、避けられない変化は入居者の費用負担で直す必要はありません。賃貸の場合、住宅を傷つけないように暮らすのが自分にとって一番有利だと言えますね。私はこの町で仕事に就いたため、およそ10年前にこのアパートに引っ越したのです。初めは3年くらいのつもりで後は実家に帰りたかったので住所変更しなくても良いと思っていました。ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、思ったより長居してしまい、結婚して今後もこの町にいる可能性も出てきたし、実家よりもこちらの方が税金も安いようで、今から住民票を移しても遅くはないと思うようになりました。引っ越し専門業者として伝統もあり、着実に実績を築いているのがCMでもおなじみの引っ越しのサカイでしょう。支店は全国に170社以上あり、自社の保有車だけで3500台以上あるので、大手らしく、充実したサービスを用意しているのです。サービスを細分化しているだけでなくスタッフの仕事も一定の水準を保っているので安心して引越しを任せることができます。引っ越しは段取りが一番大事です。大きさと数が間に合うようにダンボールを用意し、当面使わないものから梱包しましょう。日々使うものは予め別にしておいて、他のものを用途や種類で大まかに分け、さくさくと梱包していきます。ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることで荷物を開くときに役立ちます。電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きも抜け落ちないように気をつけてください。引っ越しに向けて冷蔵庫の準備の仕方がわからず、当日慌てる羽目になることもあるようです。引っ越しの前日までに、忘れず庫内を空にして、電源を切っておき、そのうちに水滴貯めパレットに水が貯まってくるので、全て捨てればもう大丈夫です。冷蔵庫の中のもの、特に生ものや氷は、引っ越し前日までになくなるようにして、常温で保管できるものを買うように配慮し、冷蔵庫にものを入れなくても生活できるようにしましょう。先日引っ越しをしましたが、家財道具のうち、大きいものの移動だけ業者に頼んで、お金をかけたくないので、後は自分たちで持っていきました。ものの移動だけ終わらせて、市役所で転入の手続きをしてきました。いろいろなハプニングもありましたが、いろいろな人が手をさしのべてくれてずいぶん助けてもらいました。両隣にも挨拶に伺いました。まだ片付けはたくさん残っていますが、がんばるしかありません。引っ越しには慣れていると思います。どこでガスを止めるかはいろいろな意見があると思いますが、だいたい、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらいました。どうしても、引っ越しの準備をしていると体力の消耗もかなりのものですから、引っ越しの前日は、どんなに遅くなっても温かいお風呂をゆっくり味わい翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。引っ越し当日も、作業の合間に温かいものが飲めると気持ちが休まるのです。さあ、引っ越しの作業に取りかかろうという時には、軍手を用意しておきましょう。荷造りだけとっても、やり慣れない作業でカッター類を多用しますから、手を傷つけることも珍しくありません。また、荷物の移動を考えると、常に指詰めや落下物の危険と隣り合わせです。軍手なら何でも良いわけでなく、自分の手にジャストフィットする、きちんとした滑り止めがついた軍手を買わなくてはなりません。それなら作業もしやすいですし、荷物も効率よく安全に運べますね。いわゆる引っ越し好きの方なら別ですが、それ以外の方にとっては人生の中でも、引っ越しというのは生活の一大転換になる出来事ですが、数々の大変な事態に陥ることも十分考えられるのです。引っ越し当日は特に忙しいものですが、いろいろな仕事が集中したときにどこかでトラブルが発生すると、引っ越し自体が回らなくなる事態に陥りかねないので予定を先取りするくらいのつもりで、準備を進めておくべきです。生活に何らかの変化がありNHKの番組をテレビで見ることはないと予想され、NHKに解約の連絡をすると、自宅に受信できる機械がないことを証明する手続きも要求されて、思わぬ手間をとられます。しかも、受信料が自動引き落としになっていれば解約手続きで時間をとられている間に、容赦なく受信料が引き落とされます。他の手続きよりも早めに手続きに取りかかってください。この間、引っ越しの前に業者さんから見積もりを出してもらいましたが、えっと思うようなことがありました。当然のように、液晶テレビの運搬では個別の保険をかけないと運べないそうです。荷物の中には40型の液晶テレビがあったので、購入したときの価格が30万円以上の品は、運搬の際に保険をかける決まりになっていると言われました。テレビのためだけに約1500円の保険をかけましたが、本当に必要な保険だったのかいまだによくわかりません。転居をきっかけとして、電話回線をどうするかも考え直した方が良いでしょう。現在の生活では、固定電話を使わない家庭も多いと思いますが、固定電話を使い続けるという意見がまとまったら、電話会社との間で、転居しても使い続けるための手続きを忘れてはなりません。契約開始が引っ越しに間に合わないと、固定電話もファックスも使えない生活になりますのでいわゆる引っ越しシーズンならば、なるべく早く移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。世帯全体での引っ越し経験があればすぐ気がつくことでしょうが、もとの住まいで、ガスの契約を打ち切らないといけません。私も何度か引っ越しを経験してきましたが、さほど難しくない手続きで解約できます。旧居を引きあげる前に解約しておかないと、転居後のガス代も引き続き請求されることになるので抜け落ちないよう注意しましょう。また、転居した月の月末まで自分が支払うルールになっています。住環境を快適に保つということは、住居の中だけとは限りません。隣近所との関係を保つことも、住環境の一部なのです。良好な関係を作るために、まずは引っ越しの時に挨拶をその日のうちに済ませるべきです。無難なおみやげを用意して訪問することを忘れないでください。簡単な挨拶と、ご近所に伝えなければならないことが言えれば良いので、なるべく好い印象を持たれるように心がけます。出会った時の印象は、お互いに強く残るものです。私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験しています。引っ越しのきっかけは進学、就職などですが、荷作りにはいつも時間がかかります。気づいたこととして、私のような単身世帯の場合は割高になっても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うのが荷物が丈夫になり、運びやすくなります。無料で手に入るスーパーのダンボールや、クラフトテープと比べれば荷物の頑丈さが違ってきます。荷物を無事に運ぶためには欠かせないものなので、必ず使うようにしてください。先日引っ越したのは良いのですが、準備で疲れてしまったのは確かです。それまで住んでいたのはマンションだったので、業者さんに大きい荷物をおまかせしました。しかし、近所への引っ越しだったので業者さんに頼まなかったものは何日も前から時間をとって、台車を借りて荷物を載せ、なんとか移動できました。台車一台で、よくも運んだものです。引っ越しを翌日に控えたら、寝る前に必ず引っ越しのタイムスケジュールを確かめてください。何時に業者が来る予定か、予定の作業終了時刻はいつかなどを確認しておきましょう。搬出しやすいよう、荷物を動かしておき、業者さんと手伝ってくれる人のために飲み物を用意しておくことを忘れないでください。搬入が終わったら、飲み物を出すことで暑い時期の引っ越しでは心から喜んでもらえます。来月引っ越すので準備を進めていますが、引っ越し先までピアノを持っていくか持っていかないで処分してしまうかを考えています。持っていっても弾かないのでずっと置いておくだけでしょう。これを処分するにしてもそれなりの費用がかかると思いますし、どうしたら良いのかわかりません。もらってくれる方がいれば一番良いと思いますが、条件が会う方はいないものです。引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、誰でも知っている事業になりました。一般家庭向けの引っ越し業者を調べたとき引越社、引越センターといった、専門業者であることを表す会社名であるのが当然だと思っていました。ですが、今は運送会社の多くが単身者も含めた家庭向け引っ越しサービスを扱うのが普通になりました。おかげで選択肢は広がってきましたが、日通のように大手ならば、引っ越しサービスも一定の水準をクリアしていると言えます。誰でも引っ越しの際には様々な問題を片付けなければなりませんが、ガスコンロが引き続き使えるかも、考えなくてはなりません。私の場合は、家を新築したため、ガスコンロも必然的に新しくなりましたが、引っ越し先が新築でなければ今のガスコンロが引き続き使えることもあり得ます。ただし、ガスの種類が違うと同じガスコンロを使えないこともあるので、ガスコンロを引っ越し先でも使う場合や、新しく買う予定であれば使える器具を調べておくことが必要です。引っ越しに共通して使われるものがありますね。ダンボールはもちろん、ガムテープ、ひもなどの梱包材は必ず使います。買うことや譲ってもらうこともできますが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、おまけとして、梱包用グッズを必要な分だけもらえることが多いのです。契約が成立すれば無料なのに早まって買ってしまったということにならないよう、契約までの流れをよく見て、見積もりに来てもらう前にどうなっているのか知っておきましょう。業者を利用した単身世帯の引っ越しは、通常のサービスを使って引っ越すより、荷物の多くない単身世帯に向いたサービスを使っていくと予算面ではかなりお得です。専用のコンテナを使い、荷物を収めるというパックが多いので大して荷物が入れられないと考える方が多いでしょうが、運べる荷物は結構多いのです。コンテナに収められなかったものがあれば同じ業者のサービス、例えば宅配便などで送ると良いでしょう。様々なものが身の周りにあふれている生活を日々送っている方にとって、引っ越しの最大の障壁は所有するものの整理と荷造りでしょう。ものが多すぎて整理しきれず、本当に荷造りできるのか自信がなくなってしまったら引っ越しができないのではないかと思うかもしれませんが、引っ越しを一つのきっかけにしてとことん処分してしまえば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。あらゆる引っ越しに関わってくる手続きに、各市区町村の役所で、転出と転入の手続きをすることがあります。転出届が先で、転出する市区町村の役所で手続きをしてもらってきます。それから転入先の市区町村の役所に届け出て転入手続きをするという流れになります。当たり前のこととして、転出届を持って行かないと引っ越し先で転入届を出せないことにも気をつけた方が良いです。税金や社会保険などの根拠になりますので手続きは速やかに終わらせるのが賢明です。家移りも本格的になると、何といっても、当日しかできないことがたくさんあるので、一日作業に費やすでしょうから、あらかじめ終わらせておけることがあれば済ませておけば安心できます。とりわけ、ライフラインの水道、電気、ガスその他をすぐに使えるようにする手続きは確実に終わらせなければなりませんし、当日使うことが予想される荷物は、荷物の中でも目立つようにして、取り出しやすくしておくことも大事です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク