オランダシシガシラハナフサのひととっち

他業界の労働者と看護師を収入の面で比較してみると、平均収入なら確実に、看護師の方が上回るといいます。医療や福祉関係の機関では、看護師不足に泣いているところも多く需要はいつでもある訳ですから、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような得難い長所もあるわけです。ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、働きやすい良好な環境にいる看護師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。労働環境は、決して整っているとは言えず、長時間の残業と夜勤を続けたため、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。夜勤のない職場に移ったとしても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、看護師にかかる心身の負担は大きいです。かなり以前は、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事は世間的に認知されていた節があります。しかし、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、看護師はそれに相当する給金の獲得が可能である専門職であることが、よく知られるようになっております。というのも、看護師の得られる給料は、家の屋台骨として充分に、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。今更言わずと知れたことではありますが、給料の高い専門職だということです。よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。なので、しんどさを覚える場面も多いはずです。勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、たいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないとどんどん疲れていって、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、心身への負担をしみじみと実感してしまうことはあります。看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を考え始める人もいるようです。様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って腕を磨きたいという気持ちからくる、大変に積極的な仕事の選び方です。看護師という仕事に就いていると、他職種と比較して高いお給料をもらえます。そういったことが起因しているかは定かではありませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。病院にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけというのは珍しくありません。収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最高でしょう。時に人命に関わることもある看護師という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。しかしながら、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。なかなかきつい仕事であることは確かですし、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、デメリットに目をつぶることが可能なくらい意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。私の仕事は病院事務です。普段、看護師さんと仕事中に話すような機会はほぼありませんが常にみなさん忙しく働かれています。夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。だけど私の想像以上に臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に子供を連れてきている看護師さんが結構たくさんいたんですよ。先生方も歓迎ムードで、和やかで楽しい会となりました。数年ほど、看護師として働いているのですが、気になったことがあります。どうやら看護師は喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方はまあ、お察しの通りです。ちなみに酒豪が多いです。こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる看護師業ですけれど、ほとんどの看護師が病院で勤務します。ですが実のところ、病院という職場以外の場所においても、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人は多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。つまり看護師であれば、病院ではなくても働ける場所は色々あり、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングに働きやすい職場へと、転職することもできるのです。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。ただし、そうしてうまく、出戻ってこれるのかどうかは辞めた状況により変わってきます。例として、結婚や引っ越しで辞職したり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、とにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、油断は禁物です。薬品についても身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる看護師の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。また、特に患者さんのご家族から涙ながらにお礼を言われるような時も、しみじみとやりがいを感じられます。生活は不規則になるし、ストレスはたまるし、看護師の仕事はとても大変です。なので、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、退職したいと願い、悩んでしまうと思うのです。少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、医療職にかかわる人たちもますます必要とされる可能性があります。したがって、今でさえ足りていない看護師ですが、今後もそれが継続すると考えられています。年ごとに多数の看護師が新たに生まれているのにもかかわらず、それでも看護師が足りていないのは働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが原因として挙げられます。高い給料をもらっている看護師でも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。Wワークに向いた仕事も様々で、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなど短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、Wワークをしようと思えばできるのです。とはいっても、メインで勤務している職場が看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。休日や時間休も取れますが、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も大勢いる、というのが現実です。例えば出産して、小さな子供を抱える身になったら安心して託児ができる施設などがなければほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。ですが、近頃は子供に手がかからなくなったためまた看護師となって復職を果たすという、そういった人が少しずつ増え始めています。看護師をするきっかけとしてよくいわれる動機の一つに「給料が高い」ということがあります。働き始めて最初の給料を鑑みても、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも多くもらえていることがわかると思います。そうはいっても、そのように高給をいただくということはその分、自分自身も精進に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。たいていの場合、看護師の人間関係は良くないといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。日常的にそんな環境に接していると少々げんなりすることもあるかもしれませんが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。給料についてですが、看護師の場合は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。では、退職金についてはどうなっているかといえば、国立や公立の医療機関の場合は、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。一方、個人経営の病院になると、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立病院を選ぶと良いでしょう。勤務中の看護師というのは常に神経を使うことになりますし、こうした生活が続くと多くの看護師はストレスに悩まされます。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を知っているかどうかということは、この先も長く続けたい場合は見逃すことのできない点になるでしょう。「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。漢字で表現した場合、こうして二種の字で表せます。少し前までだと、「看護士」が男性、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。2001年の法律改正を機に、男女分け隔てなく使用できる「看護師」を使うことでひとくくりにされることになったのです。看護婦はハードな仕事と言われていますが、看護師がいなければ病院内で仕事が回らないほどであり、意義の感じられる仕事です。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。そのため、仕事は日勤業務と夜勤業務で交代制を採っています。こういった勤務形態ですから、上手に生活のメリハリをつけないとうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、着実に治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。ですから当然、医療機関で働く看護師もさらに多く必要とされていますが、実際には、人手不足が深刻です。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等のメリットも確かにある訳です。社会に出たばかりの新卒看護師や、別の医療機関から転職してきたばかりの看護師に多いのですが、通常支払われるはずの残業代について払ってもらえないことがあるようです。ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、新人だということは何の言い訳にもならず労働基準法に反した行為です。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、せっかく働いたのならその時間分、報酬を得なくてはなりません。看護師にとってやはり辞職を考えることもままあります。お仕事に関する失敗だけでなく時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。ただ、やりがいがあると思うことはいっぱいあります。先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりと日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、特に恐れるようなものではないようです。そういった、看護師を養成する学校は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ看護大学や学部の人気が高まっているようです。要資格の専門職である看護師ですが、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。自身の結婚、出産あるいは転居など単に私事からの転職もよくあるものの、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ職場を変えるのは難しくなるでしょう。例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、規模の大きな病院に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。私が看護師になった理由は中学の時の職場体験で、介護施設に行ったのですが、そこの看護師さんに感銘を受けたのがきっかけとなりました。将来、仕事を選ぶとき、こういった職業で働いていきたいと思ったことをきっかけに看護学校へ進み、晴れて看護師になりました。いやなこともありますが、充実した日々を過ごしています。看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。普通の業務だけでも多忙を極めるのに、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、時間通りに帰れないということはよくあるのです。けれども、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。直前まで愚痴を言っていてもすぐさま笑顔を向けられるのだから、時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。いつ働くか休むかをコントロールしやすく、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを選んで働ける、等などがあえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期の仕事もむろんあります。なにしろ、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、看護師の仕事を探しているのであれば条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職を探すのも一つの手です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク