ときで山木

邦人ダディの多くが、どっちみち必ずやと言っていいレベルの割合で考え込むことになるのが「薄毛」だ。薄毛には、AGA(ダディ部門抜け毛症)を基礎として、各種異常があります。そして、その異常ごとに関係が異なると考えられています。

また、薄毛には変わった呼び方が付されることが多いです。一般的な「M単語」、「O単語」、「A単語」など、アルファベット1字で表現される薄毛がベースとなって、これらが合同、もしくは悪化した薄毛ほど、変わった氏名で呼ばれることになるという印象があります。

たとえば、代表的なところでは「カッパ禿頭」、そして「落ち武者禿頭」など、薄毛の異常がその名称からすぐにイメージできるということも珍しくありません。そして、そんな薄毛はほぼ全員、「相当進行した薄毛」であることが考えられます。

そんな中でも、大いに有名な仲間に入ると思われるのが、いわゆる「バーコード禿頭」だ。バーコードというと、あらゆるタイプのコースに印字されたタイプの識別提示ですが、特有の縞製図は、確かに派手バラエティーの特有の製図であるといえます。そして、薄毛を発症しているダディの取り分け割に広がるのが、こういう「バーコード」のような縞製図が頭部オールに描かれていらっしゃる薄毛だ。

ただ、こういう薄毛に関しては、当然なんらかの原因があってそれが「バーコードのような薄毛」をもたらしているわけではありません。一般的に「A単語部門」もしくは「U単語部門」などと呼ばれる薄毛が進行し、前頭部から頭頂部、頭頂部から後頭部にかけての毛髪がすべて抜けてしまい、残る割り当てを長く伸ばし、これを薄毛の部分に代用しようとしたため、バーコードのような製図が適うのです。

とどのつまり、いわゆる「落ち武者禿頭」の状態で、左右に垂れ下がった部分の髪を、頭頂部方面に持ってきたのが、バーコード禿頭の正体だ。ですから、バーコード禿頭の原因としては、どうしても「A単語部門薄毛」や「U単語部門薄毛」の関係とほぼ同じということになります。

では、こういう「A単語部門薄毛」や「U単語部門薄毛」の原因は多々いうと、こちらは、今度は「M単語部門薄毛」、「O単語部門薄毛」の合同部門の薄毛ということになりますので、「M単語」、「O単語」の関係を探求する必要があることになります。

大半、薄毛の明確な原因はわかっていませんが、M単語の場合は遺伝をはじめとする先天的なマテリアルが、そしてO単語の場合は、慣例の乱れなどに先端を響かせる後天的なマテリアルが考えられます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク